【経済】日銀の総資産500兆円、FRB超す 見えぬ緩和の出口 6月末時点 ★4 ©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
798名無しさん@1周年2017/08/13(日) 16:00:32.09ID:hpCf7bOe0
>>687
少し違うと思うのは、消費税は所得税や法人税と比較して景気の動向に左右されにくいから、
安定して税収が見込めるので、
年金や医療など社会保障や教育子育てなどの政策の安定した財源を確保出来る。
(消費税1%に付き、2.5兆円ほど見込める。

俺は来年2018年に消費税を35%まで上げるように主張しているが、
高い税率だから多少増収効果が減るようなので約80兆円辺りぐらいになると思う)

もちろん、社会保障や教育子育てに使うように、
政府に国民が目を光らせてそれに使うようにしないといけないが。

でも、さすが消費税が35%になると、
日本の国民も一般政府(国や地方自治体など)のお金の使い方には厳しくなって来ると思う。

また消費税は所得の低い人には負担割合が大きくなるので、
所得の低い人には、給付金や食料品など限定のバウチャーやフードスタンプを給付する。

要するに、消費税を取る時には一律に取り、給付やサービスなどリターンする時に
所得の低い人などに分厚くリターンする。

*確かに「高い負担の割には、低いリターン」になるのは仕方ないが、
『急激なインフレ』などになるよりもはるかに弱者や高齢者に優しい政策だと思う。

「財政再建」はこれから100年ぐらいと長い期間をかけて、国民全体で少しずつ国の借金を返済して減らしていくから、
一年辺りの国民の負担や被害痛みは『急激なインフレ』などと比較して遥かに小さいから。

『急激なインフレ』などは、
数年ぐらいの極めて短期間の間に国の借金返済を国民に迫るようなものだから、
国民の負担や被害痛みは尋常では無いから。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています