【カナダ】政府運営店とネットで嗜好用大麻(マリフアナ)販売へ/オンタリオ州 [無断転載禁止]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1ばーど ★2017/09/11(月) 23:23:34.49ID:CAP_USER9
[トロント/オタワ 8日 ロイター] - カナダのオンタリオ州は、政府が運営する販売店とネットを通じて嗜好用大麻(マリフアナ)を販売する計画を明らかにした。専売方式を取ることにより、違法販売店や闇市場の拡大防止を目指すという。

カナダで最も人口が多いオンタリオ州は、2018年半ばまでに嗜好用マリフアナ使用を合法化するとの政府の計画に、いち早く対応した形。マリフアナ管理委員会を設立し、小売りをあらゆる角度から管理していくとしている。

オンタリオ州の計画では、来年7月1日までに40店舗を開設。19年にその数を80に、20年末までに150に増やす。オンライン販売は政府運営のサイトで行い、ここですべての合法的な販売を管理する。店舗の大半は、政府のマリフアナ使用合法化発表後に違法店舗がはびこり出した地域に配置される。

カナダの闇市場は年間70億カナダドル(約6250億円)─100億カナダドル規模に達し、若年層の使用率が世界最高の水準となっている。

国家レベルの嗜好用マリフアナ合法化は、主要7カ国(G7)ではカナダが初、世界ではウルグアイに次いで2番目となる。

配信2017年9月11日 / 20:42
ロイター
http://jp.reuters.com/article/marijuana-idJPKCN1BM0L4

186名無しさん@1周年2017/09/16(土) 07:21:58.09ID:SRhuxjbM0
密輸や密栽培は個人が個人の為に完結してやるだけならまだしも現実にその多くは非合法営利団体の利益源になるからな
しかも文字通り法外な暴利で非課税の儲けになる
品質に対する一定の管理や責任も無い
増量に何かの有害な微粉末を混ぜたり、なんなら全くの偽物を売りつけてもアリな訳だ

合法化でこれらは解決出来る

187名無しさん@1周年2017/09/16(土) 16:34:50.31ID:IdDAcJ2O0
>>1

早く世界中で医療大麻が合法的に使えるようになると良いね。

5歳息子の大麻治療のために オランダ移住を決意したイギリスの家族
http://japan.techinsight.jp/2017/09/ellis09120648.html

数えきれないほどのてんかん発作を起こす息子への大麻治療のために、イギリスに暮らす
家族がオランダへの移住を決意した。出発を控えて、一家は寄付金サイトで募金を
呼び掛けている。『BBC News』『Mirror』など複数のメディアが伝えた。

ウォリックシャー州ケニルワースに住むアルフィー・ディングリー君(5歳)は、
生後8か月の時にてんかんを患っていることが分かった。その後、4か月間をロンドンに
あるグレート・オーモンド・ストリート病院で過ごし、「PCDH19」という遺伝子に異常を
持つ極めて稀な難病と診断されたのは4歳の時だった。

この病気はほとんど女児が発症するが、男児のケースも片手で数えられるほどだが存在する。
そのひとりであるアルフィー君は、一日に数えきれないほどの発作を起こし、それがほぼ
毎日続く。現在は治療として症状にあわせてステロイド剤を投与しているが、これが深刻な
副作用をもたらすと母のハンナさん(38歳)は語る。

「発作の度合いや回数によって与えられる量は異なりますが、静脈注射によるステロイドの
投与は体に強い反応を起こして息子を攻撃的にしてしまうのです。」

医師からは、強い副作用がある治療法を続けていくことによりアルフィー君は将来的に知的、
精神的なダメージを受けるであろうと言われており、両親が不安になるのは当然のこと
であろう。勤務していた旅行会社を辞めてアルフィー君につきっきりでいるハンナさんは、
夫のドリューさん(39歳)とともに、息子にもっと適切な治療法はないかとリサーチを
繰り返した。そして行きついたのが、医療大麻による治療法だった。

「実際、多くの親が子供に“カンナビスオイル(大麻草の葉や花からの抽出物)”を使用
して治療を試みています。これなら息子の重い発作を和らげたり、止めることも可能
なのではと思いました。」


しかし医療大麻が合法化されていないイギリスでは使用は処罰の対象になり、親が子供への
治療にと利用した場合でも最長14年間の実刑が科せられる可能性があるとされている。
息子を救えないと思った両親は、娘のアニーちゃん(3歳)も連れてアルフィー君のために
医療用大麻が合法化されているオランダへの移住を決めた。

「息子を救うために他の国に移住しなければならないなんて不合理だと思います。
この数年間、息子の治療のことでとても苦しみました。でも私たちは息子が良くなる
のであればどんなことでもしたいし、大麻治療が息子の病状を和らげてくれると
信じています。」

生後間もない頃から病を患っていたアルフィー君は、学習障がいも抱えているために
保育園や幼稚園などにも行けず、子供たちと関わる機会も全くといっていいほどないそうだ。
しかし親としては今後、大麻治療を受けるアルフィー君がごく普通の幸せな人生を送る
チャンスを得られることをひたすら願っており、オランダのデン・ハーグへの引っ越しに
向けて現在、寄付金サイト「JustGiving」で募金を呼び掛けている。

188名無しさん@1周年2017/09/16(土) 16:53:57.37ID:1sFwqFUz0
効果があると判ってるなら特例を出してくれって法にすれば良いのでは?
ごく一部の特殊な例でその他大勢に影響を及ぼすよりよっぽど良いだろ
パヨ臭えんだよな

189名無しさん@1周年2017/09/16(土) 16:57:15.96ID:IdDAcJ2O0
>>1

ハワイ州は進んでいるね。

多くの議論をして問題を最小限に抑える努力は尊敬に値する。

【ハワイ州】医療大麻購入時の現金取引を禁止 2017.09.15
https://www.aloha-street.com/local_news/2017/09/15/262402/

ハワイ州当局は、州内の医療大麻薬局で販売されている医療大麻の売買に関し、
現金取引を禁止すると発表した。現金取引が禁止された場合、ハワイ州は全米で
初めて医療大麻の取引を現金以外の方法で行う州となる。

当局では今回、州内で医療大麻を合法的に売買する際、デビットカード口座と
連携しているアプリ「CanPay」による支払いのみを受け付けるとしており、
10月1日より、医療大麻が現金で購入できなくなるとみられている。

州当局は医療大麻の現金取り扱いを制限する理由として、医療大麻薬局などでの
窃盗事件などを防ぐためとしている。

190名無しさん@1周年2017/09/16(土) 17:04:31.19ID:IdDAcJ2O0
>>188

こう言うニュースが切っ掛けになり、英国でも多くの公平に開かれた議論が為されると良いね。

一番いけないのは、嘘や誇張によるプロパガンダで国民を洗脳し、
「医療大麻なんてありません〜♪」と、臭いものには蓋をする政府の態度だ。

191名無しさん@1周年2017/09/16(土) 17:15:57.77ID:6ubM+/DT0
>>190
嘘や誇張による「医療大麻は効果バツグン」も同じくらい悪いと思うが?

192名無しさん@1周年2017/09/16(土) 17:25:33.96ID:RNfpbuLF0
>>191
もっと現実に目を向けて
科学的な議論をしようよ

193名無しさん@1周年2017/09/16(土) 17:29:56.19ID:6ubM+/DT0
>>192
この子は引っ越して大麻治療すると完治するの?

194名無しさん@1周年2017/09/16(土) 17:45:29.64ID:IdDAcJ2O0
>>193

どんな既存の医薬品でも難治性癲癇が完治する事はないよ。

医療大麻臨床試験による癲癇発作低下率は以下の通り。

【マリフアナ由来の治療薬、治験で好結果−米で初の承認か】2016年 3月15日
http://jp.wsj.com/articles/SB12798596211232484180504581599524241897518

英バイオ医薬品会社GWファーマシューティカルズは、大麻(マリフアナ)由来の
治療薬の第3相臨床試験で、小児の重症てんかん患者の発作回数が大幅に減少したと
発表した。この報道を受け、同社の株価は14日のロンドン市場で上げ幅が一時130%を超えた。

GWファーマによると、ドラベ症候群患者に既存の治療薬に加えてんかん治療薬
「エピディオレックス」を14週間投与したところ、てんかん発作回数が39%減少した。

プラセボ(偽薬)投与群では発作回数は13%しか減らなかった。

GWファーマはこのデータを用いて米食品医薬品局(FDA)に治療薬の承認を申請する
方針を示した。エピディオレックスはすでにFDAから優先審査指定を受けている。
販売が認められれば、FDAがマリフアナ由来の治療薬を承認する初めてのケースとなる。

第3相無作為化二重盲検プラセボ対照試験
http://dev-gwpharma.pantheonsite.io/about-us/news/gw-pharmaceuticals-announces-positive-phase-3-pivotal-trial-results-epidiolex

レノックス - ガストー症候群 (小児期難治性てんかん症候群)

プラセボ投与患者の22%低下と比較して、発作低下の中央値44%達成、
統計的に有意であった(p = 0.0135)。

195名無しさん@1周年2017/09/16(土) 17:55:45.88ID:6ubM+/DT0
>>194
少しはマシになるかも、って藁みたいな話なのに別の病気のデータの様なものを見せられても。
だいたい、こんな話って他にもあると思うけど、いったいどれくらいの患者がその後どうなった、って話は無いよね。
大麻で完治に近いほどの改善がみられると大ハシャギするけど、変わらなかった人や悪化した人もいるだろうに。
一部だけを切り取って宣伝するのは公平でも公正でもないな。

196名無しさん@1周年2017/09/16(土) 18:29:43.35ID:Xgo4p3ZB0
戦争に負けるまで日本は薬局で医療大麻が購入できたんだから
いまさら海外の医療大麻の効果を疑うことがアホらしい

明治の近代化後からずっと続けていたドイツ式の医薬品基礎情報の方式が
戦争に負けたことでアメリカ式に変えさせられたから日本も医療大麻が非合法になっただけで
医療大麻に効能がない、大麻は身体に有害だ、という研究結果の末に非合法になったわけじゃないんだよね

日本は1945年までは成分の強い輸入大麻も含めて大麻が合法的に所持使用できた国なんだから
1945年までに大麻による重病者とか精神異常者とか薬害だとか事件とか
何か1件でも記録があれば大麻の有害性も議論の価値もあるけど

実際に何もないんでしょ?大麻による事件も事故も病気も
非合法化された後に急に言われ始めただけで

197名無しさん@1周年2017/09/16(土) 18:39:18.03ID:6ubM+/DT0
>>196
すごい理屈w
ちなみに1945年の大麻と21世紀の大麻ではTHCの量がまるで違うって知ってるよな?
てんかんに効くかどうかなんて実際のところは未だわかっていない、希望で適当な事を言うのは止めたら?

198名無しさん@1周年2017/09/16(土) 18:48:49.97ID:Xgo4p3ZB0
>>197
で?実際にあったの?大麻による事件や薬害って
その話をしてるんだけど

だいたいさ、1912年・1925年にすでに大麻に関する国際会議があったのに
何を今更

>ちなみに1945年の大麻と21世紀の大麻ではTHCの量がまるで違うって知ってるよな?

とか見え透いた嘘をついてるの?w

日本は世界でも特に成分の強いインドの大麻を
医療大麻として明治時代からとっくに合法的に薬局で購入できた事は実際の歴史だけど
大麻のせいでなにか事件事故病気が起きましたか?

モウソウダケで暴走してないで記録があるならそれを出せばいいだけ

199名無しさん@1周年2017/09/16(土) 18:58:40.66ID:IdDAcJ2O0
>>195

てんかんに於ける医療大麻の有効性は、臨床試験で明白になっている。
また、重篤な副作用はなく、一般的な医薬品の許容範囲内であった。

コロラドのてんかん財団 てんかんの子供を治療するための大麻の使用
http://www.epilepsycolorado.org/news-research/medical-marijuana/efco-report-to-the-community/

2016年1月現在、1,394人の小児てんかん患者を支援した。

シャーロットウェブ(大麻抽出CBDオイル)は、60%が発作の少なくとも50%の減少を達成し、
10%が発作のない状態になった。

特筆したいのは、これらの患者さんたちは既存の医薬品で効果がなかったと言う事だ。

下記の動画でその事が詳しく報告されている。興味のある方はぜひご覧ください。

【シャーロットのおくりもの・衝撃の大麻てんかん治療法】11分22秒
http://www.youtube.com/watch?v=GR6ibJnC0rs

WEED 1【USA・CNNニュース・医療大麻ドキュメント】
https://www.youtube.com/watch?v=WfOP-7ILM38

200名無しさん@1周年2017/09/16(土) 19:04:21.58ID:IdDAcJ2O0
>>197

ちなみに、てんかん治療で施用されるCBDオイルは、THC0.3%以下で、
精神活性作用はありません。

THC含有量に関しては、1945年のハッシシも現代の高THC大麻も、
THC約20%で変わりません。

201名無しさん@1周年2017/09/16(土) 19:08:30.26ID:IdDAcJ2O0
>>197
>てんかんに効くかどうかなんて実際のところは未だわかっていない

レス番 >>194 >>199 の臨床試験データを読んだら?

無知による非化学的な妄想、イチャモンは議論とは言えない。

202名無しさん@1周年2017/09/16(土) 19:25:06.39ID:XZsvBzJb0
CBD でわずかなTHCでさえ効くって言われてるんだからTHCでも効くし多かったら薄めれば良い

203名無しさん@1周年2017/09/16(土) 19:28:40.84ID:6ubM+/DT0
>>198
広告の紙っペラ1枚で「当たり前」に流通してた様に言われてもねw
>>199
じゃあこの薬で世の60%のてんかん患者はバンザイだな。競合製品もでて更に良いものになれば良い。
>>200
それを言うなら現代ではTHC70%を超えるBHOもあるな。植物そのものの話はどこ?
>>201
これの使用を認めろ!って話にならないんだな

こいつらAIみたいだよなw
自動的に決まった語句にテンプレ通りにコピペするだけで、バイト?

204名無しさん@1周年2017/09/16(土) 19:30:12.41ID:6ubM+/DT0
waterboysのpayo payo chinをyoutubeでどうぞw

205名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:11:20.07ID:o59fvTR10
>>203
お前はなんの為に反対してんの?
バイト?

206名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:15:43.35ID:6ubM+/DT0
>>205
別に反対などしてないが?
お前らが言ってることがパヨチンなだけ
idコロコロ大変なんですね(^^)

207名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:15:43.81ID:bfoBr6mq0
早く日本でも合法化してくれ。

208名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:32:51.75ID:6rB4JWVJ0
そんなことしたら製薬会社が儲からないだろ

209名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:44:15.67ID:Xgo4p3ZB0
>>203
キミは大麻の害の紙っぺらの一枚も出せないままだね
屁理屈で揚げ足取る以外何もしてないのはみんなが見てるよ
論証も出せないままだしね

戦争に負けるまで日本は医療大麻に限らず大麻完全合法国家だったのは歴史的事実だし
1925年の世界初の大麻規制の国際条約のときも「使用所持禁止」に批准しながらも
日本国内向けには「内務大臣の許可制」に留めて、そのまま特に規制もなかったのも歴史的事実

それに21世紀の今では大麻を叩いてるのはむしろキミら反日チョンパヨクの方だし
大麻を有効利用しようとしているのは日本的保守層やリベラル層のリアリストだけどね
現役の医者や科学者、大麻取締法を改正しようという医学会もある
これら全て現実の出来事だけど、キミが言ってるのはキミの中だけの理屈以上のものがないよね

ペラッペラw

210名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:48:06.74ID:GIJSJ7f20
国の脳で日本支える時代じゃもうないんだよ

211名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:50:46.75ID:rGDbNPEM0
日本では大麻で逮捕される有名人が変な人が多いのがイメージ悪いよねw

212名無しさん@1周年2017/09/16(土) 20:58:32.56ID:qQwBIxns0
>>197
反対派は未だ分かってないと
希望的観測で思い込みたいだけw

213名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:00:59.50ID:RiVy+4250
>>209
なあパヨチン、俺は害がある!禁止しろ!なんて一言も言ってないが?
もう少し現実をみたらどう?
もしかしてパヨチンじゃなくて本物?だったら失礼したわ、もう何も言えねえわ。

214名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:02:10.00ID:RiVy+4250
>>212
おまえは超ドレッドノート級のアホだな

215名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:03:22.09ID:Xgo4p3ZB0
>>203
>広告の紙っペラ1枚で「当たり前」に流通してた様に言われてもねw

こちらから言い出さずともキミからわざわざ
「陸軍軍医のお墨付きが書かれている医療大麻の全国紙広告」
の存在を認めてる発言をありがとうw

日本が医療大麻を薬局で手軽に購入出来たことに関しては
物証があること、その真偽に関してもまったく異論の余地がないことはキミも認めてるんだねw

じゃあ医療大麻が手軽に購入できたその時代でさえ
大麻による健康被害や事件が起きたなんて記録は一つもないことも知ってるよね?

もし戦前までの大麻合法時代で、大麻の薬害の記録が一つでもあるなら見せてくれればいいだけなんだけどね

216名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:04:03.88ID:o59fvTR10
>>206
ケチつけたいだけか
IDコロコロ?何の妄想?
解禁派は少数派って印象付けたくてたまらないみたいだな

217名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:05:00.22ID:asAfbTPU0
>>203
THC濃度の高い抽出物は少量嗜めば良いだけw
焼酎やテキーラなどアルコール度数の多い
蒸留酒は少量飲むだけなのと同じことw
THC濃度が高いからと言って危険な訳ではないw
大麻は酒のように過剰摂取で死ぬこともないw

218名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:05:25.65ID:o59fvTR10
>>213
ケチつけて荒らしたいだけのかまってちゃんだろ?もう何も言えねえわ

219名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:06:49.83ID:Xgo4p3ZB0
>>213
だれ?あなた?
俺はID:6ubM+/DT0と話していただけでいきなり「一言も言ってないが?」と言われても困るんですけど?
ID:6ubM+/DT0=ID:RiVy+4250 とでも言うつもりなの?

それともお得意のIDコロコロですか?w
相変わらず自分の悪事を他人のせいにする左翼グセが抜けないようだねえ
チョンの成りすましの手口そのままじゃんw

220名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:09:31.88ID:jNj7JVWd0
すでにいろいろと問題出てるのにやるかね
まあ高みの見物といこう
哀れなカナダ、でも自業自得だ

221名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:13:59.20ID:IdDAcJ2O0
>>215

証拠ソースを出しておきますね。

「ぜんそく印度大麻煙草」(↓広告写真参照)
http://ona.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_1d6/ona/m_ko_1.jpg?c=a15
http://assets.vice.com/content-images/contentimage/148996/medical-06.jpg

「印度大麻煙草」は、日本薬局方にも記載が有る医薬品。

戦前までは薬局で販売されていた。

印度大麻煙草が「ぜんそく」に効く作用機序は、大麻の薬効で気管支の緊張・
痙攣が取れて気管支が開くから。

大麻は戦前から医薬品として使用され、日本薬局方で「印度大麻草」
「印度大麻草エキス」「印度大麻チンキ」が鎮痛、鎮静、催眠剤などとして収載され、
日本薬局方がドイツ形式からアメリカ形式に変わる前の1951年第五改正日本薬局方
まで収載されていた。

222名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:17:28.84ID:HJbFT3b00
>>220
もう何十年も前からカナダではマリファナは身近にある
日本人の留学生やワーホリでも簡単にアクセス出来る
もちろんマリファナには何の問題もない訳では無いがそれ以上のベネフィットをもたらす事を知ってる

ろくに物を知らない故に「高み」にいるようなつもりになってるのは哀れというより滑稽だな

223名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:20:29.48ID:IdDAcJ2O0
>>215

ソースを出しておきますね。

日本政府は大麻に関する「行政文書を保有していない」ばかりか、
大麻の身体、精神への影響に関する情報すら持ち合わせていない。

「ダメ絶対」や政府が言っている事は根拠のない嘘八百です。

「行政文書不開示決定通知書」
http://www.cannabist.org/database/koukaiseikyu200404/img/ketteitsuchi03.gif

1997年の世界保険機関、精神衛生および薬物乱用防止局の報告書「大麻:健康に関する
展望と研究課題」についての厚生労働省内の連絡・報告・検討に関する一切の情報。

「開示請求に係る行政文書を保有していないため」に不開示とした。

「行政文書不開示決定通知書・写真あり」
http://www.cannabist.org/database/koukaiseikyu200404/

不開示の理由は「開示請求に係る行政文書を保有していないため」

【大麻が原因の二次犯罪に関する請求】

まず、大麻が「犯罪の原因となる場合もあります」に、日本国内の事例があるのかを
確認するため、厚生労働省に以下の内容で情報開示請求をしてみました。

・日本国内で発生した、大麻摂取による精神錯乱が原因の二次犯罪に関する一切の情報。
 但し、薬物事犯、アルコールを含む他の薬物との併用による事例、余罪としての大麻所持等を除く。

ところが、約30日後に「行政文書不開示決定通知書」が送られてきました。

不開示の理由は「開示請求に係る行政文書を保有していないため」でした。つまり大麻を
摂取したことにより精神錯乱を起こし人を傷つけたり、事故を起こしたりしたような
二次犯罪があったというような記録はゼロだというのです。

これにより、「日本国内で大麻が原因の二次犯罪は過去に一例も確認されていない」ことを
厚労省が認めたということになります。

【大麻の身体的影響に関する請求】

これについても、日本国内に確認された事例があるのかを確認するため、厚生労働省に
以下の内容で情報開示請求をしてみました。

・日本国内の医療機関により確認された、大麻摂取が原因の脳の構造的損傷に関する一切の情報。

しかし、これについても「行政文書不開示決定通知書」が送られてきました。(以下、リンクサイト参照)


大麻取締法には「立法目的」が書かれていない。政府は大麻の研究をしていない。
また、少量の所持で懲役5年と言うのは、犯した罪と量刑が著しく不均等であり、
禁止の手段が極めて不合理である。

よって、大麻取締法は違憲である。早急に改正すべし。

224名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:32:05.99ID:IdDAcJ2O0
>>220

大麻に関する社会的実験は既に終了している。

アメリカでは20年以上の医療大麻合法化の歴史があり、
半世紀以上も多くの国民が大麻を嗜んできた。

カナダでも半世紀以上も多くの国民が大麻を嗜み、
十数年前から医療大麻が合法化されている。

オランダでは20年以上のコーヒーショップでの大麻販売の実績があり、
オランダのハームリダクション政策は周辺諸国の模範となり模倣されている。

しかし、大麻起因の然したる弊害は起きなかった。
そして、半世紀以上に渡る多くの議論がなされた。

その結果、大麻を合法化した方が、リスクよりベネフィットが勝ると判断した住民が、
過半数以上だったから住民投票により民主的に合法化された。

大麻に関する社会的実験は既に終了している。

225名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:34:46.49ID:XDWOhmGk0
様々な時代の反対派
オランダでコーヒーショップで売ることになったとき
「清みたいになるななるな、見ものだわ フフフ」
スペインで数株まで栽培がお咎めなしになったとき
「清みたいになるな、見ものだわ フフフ」
ヨーロッパの国々で非犯罪化されたとき
「清みたいになるな、見ものだわ フフフ」
カリフォルニアで医療解禁されたとき
「清みたいになるな、見ものだわ フフフ」
コロラドで嗜好解禁されたとき
「清みたいになるな、見ものだわ フフフ」
カナダで嗜好解禁されるとき
「清みたいになるな、見ものだわ フフフ」←イマココ

226名無しさん@1周年2017/09/16(土) 21:56:37.29ID:HJbFT3b00
>>225
まあまずスケジュール1扱い
万国アヘン条約から引き継がれた麻薬単一条約でのマリファナの扱い方がおかしいのにも一因は有るかもね

227名無しさん@1周年2017/09/16(土) 22:00:21.90ID:pF/XrzGD0
まりふあな

228名無しさん@1周年2017/09/16(土) 22:02:07.86ID:5KSrwGmf0
久しぶりに来たがw 
大麻厨相変わらず恣意的な誤訳や古い情報を並べ立ててワラタwww
大麻の有害性は解禁された所で続々と明らかにされてきてるのにwww
 
ECDDのレビューに回ったのはCBDだけw 
思ってた通りに、大麻の有用な成分とそうでないものに分けて扱うと言う極めて常識的な判断w
まぁ、大麻の有害性が調査するほど明らかになってきたんだから当然だわなwww 

229名無しさん@1周年2017/09/16(土) 22:05:36.59ID:sBwpAZPp0
大麻の茎から作った薬もあるんだから解禁したらどうかね

230名無しさん@1周年2017/09/16(土) 22:13:21.66ID:HJbFT3b00
>>228
明らかに我が国でやられてる様な禁止法が過剰で不当であるという事がますます明らかになって来ているね

231名無しさん@1周年2017/09/16(土) 22:53:59.67ID:IdDAcJ2O0
>>228
無知な情弱が、マトハズレで間違ったイチャモンを付けているだけだな。

WHOによる大麻および大麻成分の正式審査は、先ず有効成分である『CBD』から
2017年11月6日から10日までの第39回医薬品専門家委員会(ECDD)で始まる。

大麻植物と大麻樹脂 ・大麻抽出物およびチンキ ・THC ・THC立体異性体に関しては、
2018年中旬までに審査される。

米国食品医薬品局(FDA)は、WHOの求めに応じて、広く国民から「CBD」に関するコメントを求めている。
また、FDAは、大麻成分である『CBD』を『有益』であると正式に認めた。

国連条約に於ける物質管理レベル変更に関する告知 (連邦官報:2017年8月14日)
https://www.federalregister.gov/documents/2017/08/14/2017-17119/international-drug-scheduling-convention-on-psychotropic-substances-single-convention-on-narcotic

概要:

食品医薬品局(FDA)は、濫用の可能性、実際の濫用、医療上の有用性、密輸出入など、
17の物質の医療利用の可能性に関するスケジュール変更の影響に関するコメントを関係者に
提出するよう要請している。

これらのコメントは、米国から世界保健機関(WHO)への、薬物の乱用責任および転用に関する
対応を準備する際に考慮される。 WHOは、この情報を使用して、これらの薬物に特定の国際的な
規制が課されることを勧告するかどうか検討する。

コメントを要求するこの通知は、規制物質法(CSA)によって要求される。

バックグラウンド

米国は、1971年の向精神物質条約(精神神経条約)の当事者である。 条約第2条は、条約又は
WHO締約国が、国際的な統制又はその制御の変更を必要とする物質に関する情報を有している場合、
国連事務総長に通知するものとし、国連事務総長との意見交換を行い、国連事務総長にその意見を
支持する情報を提供する。

WHOからの通知 保健省は、WHOから以下の通知を受けた。

世界保健機関(WHO)は加盟国および準会員に賛辞を表明し、第39回医薬品専門家委員会(ECDD)が、
2017年11月6日から10日までジュネーブで会合し、依存、濫用、健康への害を及ぼす可能性のある物質
については、国連事務総長に、これらの物質の国際的管理の必要性とレベルについて勧告する。

理事会は、2010年1月の第126回会合において、事務局が保健省大臣から関連情報を要求することを
要求する。「国際的な制御のための精神活性物質のWHO審査に関する指針」(EB126 / 2010 / REC1、
附属書6)。

加盟国は、ECDDへの提出のための報告書を作成し、この目的のために、正当な使用、有害な使用、
国家統制のレベル、および評価中の各物質に対する国際的統制の潜在的影響に関する情報を収集
するためのアンケートを作成した。 加盟国は、アンケートで要求された関連情報およびレビュー中の
物質に関する情報を提供することにより、このプロセスに協力するよう要請する。

WHOレビューの対象物質

カンナビジオール(CBD)は、大麻で同定された活性カンナビノイドの1つである。 CBDは発作および
てんかんを含むいくつかの神経障害の実験モデルにおいて有益であることが示されている。

米国では、CBD含有製品は3つの治療分野で臨床試験中であるが、FDAが米国で医療目的の
マーケティングのために承認した製品はない。

CBDは、CSAの下で規制されているスケジュールIの物質である。 ECDDの第37回会合(2015年)において、
委員会は事務局に対し、CBDを含むいくつかの物質の事前審査を行うための関連文書の作成を要請した。

232名無しさん@1周年2017/09/16(土) 22:59:43.51ID:IdDAcJ2O0
>>228

無知な情弱が、マトハズレで間違ったイチャモンを付けているだけだな。

WHOによる大麻および大麻成分の正式審査は、先ず有効成分である『CBD』から
2017年11月6日から10日までの第39回医薬品専門家委員会(ECDD)で始まる。

大麻植物と大麻樹脂 ・大麻抽出物およびチンキ ・THC ・THC立体異性体に関しては、
38回目会議から18ヶ月、すなわち、2018年中旬までに審査される。

【国連:麻薬医薬品委員会】再召集59回セッション・ウィーン・2016年11月30日〜12月2日
https://www.unodc.org/documents/commissions/CND/CND_Sessions/CND_59Reconvened/ECN72016_CRP13_V1610192.pdf

議題6(b) 国際的な薬物管理の実施 条約:物質管理範囲の変更

・大麻および大麻樹脂に関する最新情報:

第37回ECDD会合で委員会は、事務局が将来の会議で大麻、大麻樹脂、抽出物、
およびチンキの事前審査に向けたデータ収集を開始するよう要請した。

委員会は審議の後、現在の1961年条約のスケジュールTは、大麻、大麻樹脂、
大麻抽出物およびチンキをまとめたもので、また大麻植物と大麻樹脂も、
スケジュールIVとされ、天然および合成カンナビノイドは、1971年条約の
スケジュールTおよびスケジュールUであることに留意した。

委員会は以下の事項を認めた。

・医療目的のための大麻およびその成分の使用の増加
・新しい大麻関連医薬品の出現 治療的使用
・大麻は麻薬医薬品委員会で正式な事前審査または批判的審査を受けたことは一度もない。

委員会は事務局に対し、国際的制御のため、向精神物質のWHOのレビュー指針に従って
以下の物質をECDDで事前審査、評価することを勧告した。

・大麻植物と大麻樹脂 ・大麻抽出物およびチンキ ・THC ・CBD・THC立体異性体。

38回目会議から18ヶ月、大麻とその成分物質に関する専門家会議が開催される。
事前審査の目的は、物質管理状況(規制レベル)を変更すべきかどうか。

233名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:01:07.92ID:f1VJ7yEh0
>>229
ラリ成分ゼロならいいと思う

234名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:12:30.10ID:IdDAcJ2O0
>>231 追加情報

2017年11月6-10日に開催される、第 39 回 WHO:医薬品依存専門家委員会(ECDD)総会では、
大麻の有効成分である『CBD』の審査が行われる。

WHO Expert Committee on Drug Dependence(ECDD) (WHO:医薬品依存専門家委員会)
http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd/en/

第 39 回 WHO:医薬品依存専門家委員会(ECDD)総会

スイス連邦共和国、ジュネーブに於いて、2017年11月6-10日に、医薬品依存専門家委員会 (ECDD) の
第 39回総会を開催する。

総会では、向精神物質の依存性、乱用と健康への害のための潜在性を確認し、
必要性とこれらの物質の国際管理レベルを国連事務総長に勧告する。

・第39回 ECDD総会 によって見直される向精神物質のリスト

16. Cannabidiol (CBD)


第 38 回 WHO:医薬品依存専門家委員会(ECDD)総会 2016年11月14-18日

5.アップデート

11月14-18日、ECDDでの大麻に関するアップデート

WHOは2014、2015年に大麻に関する最新情報を提供し、11月14-18日の薬物依存専門家会議で
2016年に更新された証拠を再び共有する予定である。

これまでの大麻規制レベルを正式に審査するための資料は不十分であるか、
または決定的ではない。

WHOは、現状のスケジューリング状況(規制レベル)が変わるかどうかを判断するために
利用可能なすべての科学的証拠を引き続きレビューする。

235名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:12:33.49ID:6JSchC/A0
>>225
そんな反対派見たことない

236名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:13:52.61ID:zpz3AGGv0
大麻回帰とかおかしいな

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています