<明智光秀>反信長派への密書の原本発見 本能寺の変直後、室町幕府再興を目指していた★6 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2017/09/13(水) 21:41:28.14ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000004-mai-soci

9/12(火) 3:00配信
<明智光秀>密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ

 本能寺の変で織田信長を討った重臣の明智光秀が、反信長勢力とともに室町幕府再興を目指していたことを示す手紙の原本が見つかったと、藤田達生(たつお)・三重大教授(中近世史)が発表した。変の直後、現在の和歌山市を拠点とする紀伊雑賀(さいか)衆で反信長派のリーダー格の土豪、土橋重治(つちはし・しげはる)に宛てた書状で、信長に追放された十五代将軍・足利義昭と光秀が通じているとの内容の密書としている。【松本宣良】

 藤田教授によると、書状は岐阜県の美濃加茂市民ミュージアムの所蔵。和歌山県内で伝えられ京都府の古書店に渡ったものを美濃加茂市の篤志家が入手して寄贈したという。

 鳥居和之・名古屋市蓬左(ほうさ)文庫長らとの共同調査で、形状や紙質などから手紙の原本と断定し、筆致や署名、花押から光秀自筆の可能性が高いと結論づけた。本能寺の変に関する光秀自筆の書状は極めて珍しい。

 書状は天正10(1582)年6月2日の本能寺の変から10日後の12日付で、返信とみられる。「上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛(にゅうらく)の件につきましては既に承諾しています」とあった。

 京を追放された義昭は当時、中国地方を支配する毛利輝元(てるもと)の勢力下にある鞆(とも)の浦(広島県福山市)にいた。義昭が京に戻る際は協力することになっていると重治から示され、光秀自身も義昭と既に協力を約束していることを伝える内容という。

 書状の手書きの写しは東京大史料編纂(へんさん)所に残っていたが、原本は縦11.4センチ、横56.8センチで、細かな折り目がついていた。畳んで書状を入れる包み紙も一緒にあったことから、使者が極秘に運んだ密書とみられる。

 本能寺の変の動機では、2014年に岡山県で見つかった石谷(いしがい)家文書などから、光秀と懇意で信長と敵対関係になった四国の戦国大名、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の窮地を救うために起こした「四国説」も浮上している。

 光秀は京に上る前の信長と義昭を取り持ち当初は双方の家臣だったとされる。藤田教授は「義昭との関係を復活させた光秀が、まず信長を倒し、長宗我部や毛利ら反信長勢力に奉じられた義昭の帰洛を待って幕府を再興させる政権構想を持っていたのでは」と話す。

 光秀は書状の日付の翌日、備中高松城(岡山市)から引き返した羽柴(豊臣)秀吉に山崎の戦いで敗れ、逃げる際に命を落とした。

 ◇発見された書状の現代語訳

 ◆本文

 仰せのように今まで音信がありませんでしたが<初信であることの慣用表現>、上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛の件につきましては既に承諾しています。そのようにご理解されて、ご奔走されることが肝要です。

 一、雑賀衆が当方に味方されることについては、ありがたく存じます。ますますそのように心得られて、相談するべきこと。

 一、高野衆・根来衆・雑賀衆が相談され、和泉・河内(ともに大阪府)方面まで出陣されることはもっともなことです。恩賞については当家の家老とそちらが話し合い、後々まで互いに良好な関係が続くように、相談するべきこと。

 一、近江(滋賀県)・美濃(岐阜県南部)までことごとく平定することを命じ、それがかないました。ご心配されることはありません。なお使者が口上で申すでしょう。

 ◆追伸=書状では冒頭にあり

 なお、必ず(将軍の)ご入洛のことについては、ご奔走されることが大切です。詳細は上意(将軍)からご命じになられるということです。委細につきましては(私からは)申し上げられません。

 訳・藤田教授

 【ことば】本能寺の変

 天正10(1582)年6月2日、京都の本能寺に宿泊中の織田信長が謀反した明智光秀に襲われ自害した。信長は羽柴秀吉の毛利攻め救援で出陣する途中だった。秀吉は急きょ引き返し、京都・大阪府境で起きた山崎の戦いで光秀を破った。光秀の動機は信長の隙(すき)に乗じ天下を狙った「単独謀反説」や「怨恨(えんこん)説」など諸説ある。


1が建った
時刻:2017/09/12(火) 03:23:37.93
前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505229291/

952名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:13:12.99ID:qBf3Sim30
>>948
死んだ後だよ

死しても中絶を誓うのが武士

見事に秀吉子飼いが家康に流れて無念だったな。

953名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:14:16.37ID:iUpiic/+0
こういうのは残ってるけど戦後の霞が関の文書はどんどん捨ててる

954名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:14:39.71ID:qBf3Sim30
実の母を家康に質に入れる俗物秀吉w

武士からは馬鹿か?って思われたろうな。

955名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:18:32.46ID:qBf3Sim30
小牧、長久手は実質、家康の勝利だったな。家康が折れてやっただけ。まあ、織田を乗っ取った秀吉の評判がとても悪いのは理解出来る

956名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:19:43.94ID:JQMdJ2QO0
結局、信長に強い不満を持っていたことがより確かになった訳だ

957名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:20:32.92ID:qBf3Sim30
家康に秀頼を頼む、と言って死んでった秀吉www

バカすぎるだろう。

958名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:22:16.68ID:JQMdJ2QO0
>>954
>実の母を家康に質に入れる俗物秀吉w
>武士からは馬鹿か?って思われたろうな。

いや、家康からしたらいつ裏切られるかも分からない相手な訳で
それを信用させるにはそれ位のことは必要だろ
これこそが秀吉が「人たらし」と呼ばれる所以(ゆえん)だわ

アメリカのトランプ大統領も、自身の母ちゃんを人質に差し出せば
北朝鮮も折れて核放棄してくれるよ

959名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:24:16.02ID:xoJcyh8E0
小牧長久手の敗戦後に軍隊を再編成して必勝の構えをしていた秀吉軍
家康領への進軍開始が間近に迫った頃に大地震が起きて拠点も兵糧も滅茶苦茶になった
途方に暮れた秀吉は仕方なく家康と和平をすることにしておかんを人質に差し出した

家康が桂小五郎並に強運すぎる

960名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:25:58.57ID:oEeYPzJ30
秀吉子飼いの武将達は秀吉が生きてたら秀吉に命を預けるよ

961名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:26:21.80ID:HZJQWily0
鳴かぬなら鳴くのと替えるホトトギス

962名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:28:16.22ID:YQmLmtk10
秀吉が輝いていたのは本能寺から賤ケ岳までだからな
あの短期間だけは神がかっていた
実は織田家宿老の時も鮮やかな戦勝はほとんどない
調略と長期包囲戦が得意なタイプだったから

小牧長久手のあたりは本来の秀吉に戻っただけ
戦じゃグズグズだったが調略はさすがという秀吉の本領発揮の場面

963名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:29:29.74ID:xoJcyh8E0
>>957
それ、秀頼を生かしておいてくれって頼んだんでしょ
実際に家康は秀頼を大阪城から退去させようとしてたし

淀君が徳川に従属することを許さなかったこととと成人した秀頼が大将の器であったことが悪い方向に作用した

964名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:31:48.68ID:qBf3Sim30
>>958
そこまでするから、恥ずかしい、成金なんだよ。

秀吉死後、恥ずかしい秀吉に就く武士は少なかった

実の母を質に出して、その相手が次の天下人

秀吉は時期政権を家康に約束して自身が政権を得た様なもんだわwww.

965名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:32:16.38ID:ckPvK77l0
>>960
秀吉が生きていたらそもそも家康は三成に仕掛けないから戦にならないじゃん

966名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:33:01.36ID:oEeYPzJ30
関ケ原の戦いを内輪揉めの戦いにしたのがいかんかったね
豊臣vs徳川の戦いにもっていってたら間違いなく豊臣が勝ってる

967名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:35:45.98ID:ckPvK77l0
>>964
あの・・・・・多分その時点では秀吉は時期政権を家康に任せても構わないと思ってたんじゃないの?
実子いないし、頼みの甥っ子はその

968名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:36:09.44ID:qBf3Sim30
>>963
朝鮮出兵に家康を使わなかった遠慮

すなわち、秀吉は家康さえ黙らせてれば天下人と知っていたが、わざわざ実母を質に入れたり、家康の箔を付けちゃったからな。

秀頼を頼みたいならば、家康を五大老にしてはならない。

まあ、家康だけ、目の上のタンコブだったろう。しかし、家康は秀吉みたいな奴こそ嫌いだろう。

969名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:36:54.67ID:ckPvK77l0
>>967
途中でかきこんじゃった

その戦でポカやらかしたんだから

970名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:37:58.60ID:qBf3Sim30
>>965
秀吉は家康がいる限り一代限り。秀吉がそうしちゃってるwww

小牧、長久手は何だったんだ?家康勝利だったな。

971名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:39:29.71ID:EEsu7pDsO
南朝なんとかと三河加茂氏がうんたらかんたらは全部NGにしてるからスレがスッカスカw

972名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:40:12.59ID:qBf3Sim30
>>967
殺生関白殺すレベルの秀吉だぞwww

一番警戒してるから、家康を誉め殺し、位落とししてたが、家康には通用しなかっただけ。

973名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:40:15.80ID:ckPvK77l0
>>970
あれは実質家康の勝ちだろう
ただ、その後のことを考えて駆け引きしたんだよ、家康は

974名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:40:49.54ID:oEeYPzJ30
秀吉は一か八かでも家康をやるべきだった 

975名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:42:03.85ID:ckPvK77l0
>>972
じゃあ、小牧長久手時点の秀吉の政権ビジョンはどんなんだったのかな

976名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:44:32.17ID:xoJcyh8E0
>>968
信長も秀吉も家康も自分にないものを持ってる人物はしっかり評価して敬意を持つと思う
たとえ嫌いなやつでもね

朝鮮出兵で徳川を除外したのは致命的な失敗だね
秀吉からすれば、恩を売るしかできなかったのかもしれないけど

977名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:45:20.97ID:qBf3Sim30
小牧、長久手の秀吉の家康からの借りは異常に大きかった

なぜならば、織田排除した秀吉の野望を家康は容易く見抜いたからである

信長の盟友として戦った家康に信望が注目するのは当然だが、やはり、秀吉は織田をないがしろにした逆賊。

徳川四天王の誰だったかが、秀吉は織田家の逆賊と吹聴されてキレてたよな

978名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:45:41.14ID:uzt1Zirh0
>>974
小牧長久手の戦いは、有史以来、尾張が初めて三河に喧嘩を売った戦い
だが惨めに負けた
ガクガクブルブル震えて二度と無理



何故名古屋人は田舎臭く、頭が悪い猿なのか?
「先祖代々骨の髄まで百姓、万年パシリの田吾作だからでつ(笑)」 

尾張の歴史

◆平安時代◆
・藤原季兼(別称:三河四郎大夫、三河国額田郡に居住)が尾張目代(遙任国司の代わりに地方官吏を監督)としてにらみを利かせる。
・熱田大宮司職を藤姓熱田大宮司一族(本貫地:三河国額田郡)に乗っ取られる。
・以後、荒廃していた熱田神宮は、藤姓熱田大宮司一族の血縁である源氏(鎌倉将軍家、足利将軍家)と結びつき発展する。

藤原季兼(別称:三河四郎大夫、三河国額田郡に居住)→藤原季範(額田冠者、三河国額田郡に居住、初代藤姓熱田大宮司)→女子→源頼朝
藤原季兼(別称:三河四郎大夫、三河国額田郡に居住)→藤季李範(額田冠者、三河国額田郡に居住、初代藤姓熱田大宮司)→女子(足利義康(初代足利氏)室)→足利義兼

◆鎌倉時代◆
・三河国高橋庄の地頭職が支配する。尾張守護職を兼務。
・鎌倉幕府の尾張国の守護所が不明なのは、守護が尾張に住んでいなかった為。

◆室町時代◆
・斯波氏(本貫地:三河国碧海郡矢作、尾張守、尾張守護)、今川氏(本貫地:三河国碧海郡今川、尾張守護)、一色氏(本貫地:三河国碧海郡一色、尾張分郡守護、地頭職)が支配する。

◆江戸時代◆
・尾張の支配層は追放され、尾張徳川家が支配する。
・附家老は成瀬家(三河国加茂郡)、その他平岩家(三河国額田郡)、渡辺家(三河国額田郡)、中根家(三河国額田郡)、鈴木家(三河国加茂郡)。

◆現代◆
・トヨタグループのパシリとなる。

979名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:45:42.18ID:oEeYPzJ30
薬草の造詣が深く健康に気を使った家康
若いねえーちゃんとSEXやりまくって健康に気を使わなかった秀吉
結局、寿命が一番の大戦

980名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:46:30.29ID:qBf3Sim30
>>973
家康の勝ちだ

981名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:48:22.71ID:qBf3Sim30
>>975
正当性の為。織田の盟友家康に求心力が高まるのは正当だが、それを恐れた

982名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:48:32.06ID:uzt1Zirh0
よくよく考えてみろ
中世、東北から九州をまたにかけて喧嘩したのは三河だけ
喧嘩の経験値が違い過ぎるんだよ


関西(六波羅探題)、関東(鎌倉、中先代の乱)を同時にヌッ殺したのは三河国だけだよな



足利尊氏は、後醍醐天皇を討伐すべく、鎌倉を出発した。
途中、三河の矢作川のほとりの矢作宿(三河県岡崎市)で三河の足利党19家の兵馬の出迎えをうけたが、ここで倒幕の決意を固めた。

19家とは
01.西条吉良氏■後に将軍御一家
02.奥州吉良氏■後に奥州管領家、関東公方御一家
03.今川氏■後に九州探題、守護職
04.一色氏■後に四職家、九州探題、守護職
05.仁木氏■後に室町幕府執事、守護職
06.細川氏■後に管領家、守護職
07.斯波氏■後に管領家、守護職
08.戸賀崎(荒川)氏■後に守護職
09.畠山氏■後に管領家、守護職
10.桃井氏■後に守護職
11.渋川氏■後に将軍御一家、九州探題
12.上野氏■後に奉公衆
13.岩松氏■
14.石塔氏■後に奥州総大将、守護職
15.鹿島氏■
16.粟生氏■後に奉公衆
17.倉持氏■後に奉公衆
18.高氏■後に室町幕府執事、守護職
19.上杉氏■後に関東管領家、守護職

太平記第20回「足利決起」
https://www.youtube.com/watch?v=PkXC670fo-M

983名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:48:45.23ID:ckPvK77l0
>>979
あと、秀吉の子飼いに梅毒感染でちょうど秀頼が成人する頃に死んでるのが多い
子飼いの教育がなってないよ

984名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:50:16.04ID:xoJcyh8E0
小牧長久手は家康の勝利
気がついたら周辺国が調略されてこれ以上の戦闘継続は無益と思わせるくらいのことを秀吉がやったので完勝とは言いがたい

985名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:51:19.45ID:qBf3Sim30
>>976
なんとか、信長に忠実だった三河侍に戻って欲しかったろうな。

しかし、織田排除の野心でふてくされた奴らは盟友家康になびく訳で

986名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:51:37.28ID:O7Btd9AQ0
まず、この書状は本能寺の変直後、明智光秀から雑賀衆首領である土橋へ送られたものである。

文面からは、先に土橋から明智光秀への書状があったことを示しており、
「それ(鞆にいた足利義昭の招致)はもうやってるから」としている。

また、土橋が足利義昭の招致を進言したことから、土橋は「足利義昭と明智光秀は事前に話し合いをしていない」と思っている。

また土橋自身も、「明智光秀が織田信長を殺すなんて、本能寺の変が発生するまで考えていなかった」ことを示す。

また土橋は直前まで長宗我部元親の傭兵として土佐に居たことから、「長宗我部元親も、本能寺の変が起こるだなんて思っていなかった」

987名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:54:53.57ID:d4wai8Iw0
明智光秀って信長のパワハラできれたっていうんだけどな

988名無しさん@1周年2017/09/16(土) 23:58:05.18ID:CBq9FSMF0
    / ̄ ̄信長 ̄\
    /   ,∨∨∨∨∨
  /  /  /   \ |
  |  /   ,(・) (・) |
   (6      ⊂⊃ |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    ___l_,|  <  おい光秀、出雲・石見をやるから
   |     \__/ /   \ 丹波・近江は召し上げるぜ
 /|         /\    \________   
   _____
\|/        \
 /  __光秀___|
| /  /__   __ヽ|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| /  /  \/  ||  <   ぇえ〜やだよ〜
| 6----|  ・ || ・  ||   \  苦労して治めた領地なのに
|   \_/ ) _/      \___________
|           |
 \       3 丿
   \     /
      ̄ ̄ ̄
. 、___________
  、>              .|
  >____蘭丸__   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |     ____________
      | /  ヽ/  ヽ |  |     /
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    |  金柑のくせに
   _  |.\  人__ノ   6 |  <
   \ ̄  ○        /    |      なまいきだぞ
.     \          厂     \
     /  _____/          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、

http://mimizun.com/log/2ch/sengoku/1199950641/

989名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:00:35.01ID:Xj0GCwj20
>>978
2度と無理じゃないよ

秀吉は上洛しない家康に対して、攻撃しようと準備してた。
ところがそこに天正大地震。
兵糧も武器も瓦礫に埋まり、町も大被害。

一方、家康のところはほとんど無傷。

それで攻撃はあきらめて、妹を嫁にやって懐柔策に転換した

990名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:00:40.84ID:n1KDDWV60
要するに義昭とは話がある程度できてたけど、乗ってくる奴らの選別に手間取ってた
だが意外に早く「好機(信長の少人数進軍)」が来ちゃったから、とりあえずやっちゃった
みたいな

991名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:03:56.21ID:OXu/cGiw0
明智光秀の思いは、三河政権たる室町幕府のラスボスである家康が叶え、光秀は源氏の日光の坊さんになったのであった
三河の王が日本のトップなのは全国の武士が望む事
日本は急速に平和になったのであった
めでたしめでたし


頼朝は、三河にあった自身の母方の菩提寺の僧を日光に送り込んだ


■日光山
源頼朝がその母方の従兄弟を別当に据えて以来、鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて東国の宗教的権威の一中心であり続けた


源頼朝
・藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫)→藤原季範(額田冠者(三河国額田郡)、初代藤姓熱田大宮司)→娘(由良御前)→源頼朝


母方の従兄弟
寛伝
・藤原実範(三河守)→藤原季兼(三河四郎大夫)→藤原季範(額田冠者(三河国額田郡)、初代藤姓熱田大宮司)→藤原範忠→寛伝

992名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:04:55.82ID:j1HV93rA0
毛利家、足利将軍、光秀やらがつるんでると知ってて、あの大返しだったら、猿だが、やはり、秀吉の俊敏さは褒められるべき

993名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:06:36.47ID:hx0ciUj70
>>955
家康は小牧長久手の時には途中から弟と子供人質に差し出すので降伏させてくれと、土下座しているんだがな。
>>962
蓑浦合戦のように寡兵で大軍に野戦でかっていたりするくらい戦上手なのに何を言っているんだお前は。
小谷などの名城を一日で陥落させたりして力攻めも非常に上手い。

994名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:07:53.84ID:j1HV93rA0
秀吉が家康にへりくだる分だけ、秀吉の後ろめたさが伝わったし、家康の格が上がった

これ、信長が頑張れば頑張るだけ、将軍家や朝廷が裕福になったのにも似てるジレンマ

995名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:08:38.05ID:hx0ciUj70
>>989
天正大地震などさして影響はない。
秀吉のそのあと20万の軍で九州征伐を実行している。

秀吉がそれをしなかったのは家康がすでに降伏していたから。
というそれだけの話。

996名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:09:50.00ID:j1HV93rA0
>>993
それ、信雄だろう

997名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:10:16.36ID:OXu/cGiw0
よくこんなダセー奴らが三河に逆らったなとつくづく思う


何故名古屋人は田舎臭く、頭が悪い猿なのか?
「先祖代々骨の髄まで百姓、万年パシリの田吾作だからでつ(笑)」 

尾張の歴史

◆平安時代◆
・藤原季兼(別称:三河四郎大夫、三河国額田郡に居住)が尾張目代(遙任国司の代わりに地方官吏を監督)としてにらみを利かせる。
・熱田大宮司職を藤姓熱田大宮司一族(本貫地:三河国額田郡)に乗っ取られる。
・以後、荒廃していた熱田神宮は、藤姓熱田大宮司一族の血縁である源氏(鎌倉将軍家、足利将軍家)と結びつき発展する。

藤原季兼(別称:三河四郎大夫、三河国額田郡に居住)→藤原季範(額田冠者、三河国額田郡に居住、初代藤姓熱田大宮司)→女子→源頼朝
藤原季兼(別称:三河四郎大夫、三河国額田郡に居住)→藤季李範(額田冠者、三河国額田郡に居住、初代藤姓熱田大宮司)→女子(足利義康(初代足利氏)室)→足利義兼

◆鎌倉時代◆
・三河国高橋庄の地頭職が支配する。尾張守護職を兼務。
・鎌倉幕府の尾張国の守護所が不明なのは、守護が尾張に住んでいなかった為。

◆室町時代◆
・斯波氏(本貫地:三河国碧海郡矢作、尾張守、尾張守護)、今川氏(本貫地:三河国碧海郡今川、尾張守護)、一色氏(本貫地:三河国碧海郡一色、尾張分郡守護、地頭職)が支配する。

◆江戸時代◆
・尾張の支配層は追放され、尾張徳川家が支配する。
・附家老は成瀬家(三河国加茂郡)、その他平岩家(三河国額田郡)、渡辺家(三河国額田郡)、中根家(三河国額田郡)、鈴木家(三河国加茂郡)。

◆現代◆
・トヨタグループのパシリとなる。

998名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:10:51.09ID:tpmuAOcL0
>>990
足利義昭と明智光秀が事前に話をしたかは分からない。
出前のように土橋に、「ラーメンライス、今出やしたから」と答えたのかもしれないから。

999名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:12:24.52ID:7eAIaEdRO
>>1000なら黒幕は安田顕元

1000名無しさん@1周年2017/09/17(日) 00:12:26.15ID:j1HV93rA0
秀吉は人望が無いから、名称を漁った

片倉、直江、コバヤカワ

そこいらのガキを武士にして少年兵誕生

ハンデと言えばハンデだが、秀長が入ればどうなったのか?

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 3日 2時間 30分 58秒

10021002Over 1000Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。